ステージ4から探す癌診療拠点病院や医療機関

先生

負担軽減で克服

先生

病院での診断で、悪性リンパ腫を発症していると分かったら治るかどうか不安になります。悪性リンパ腫は、いわゆる血液に関するがん症状で、多くの著名な有名人も血液に関するがんで死亡したというニュースが度々耳にします。だからと言って治らないという訳ではありません。最近では、新たな治療方法も確立されてきているので、治る可能性が高まっています。なので、諦めずに悪性リンパ腫と戦って打ち勝ちましょう。悪性リンパ腫は、保険機関の部類で大体50種類以上の症状が確認されています。当然、症状に合わせて治療方法が異なります。また、内科的な処置で使用する薬も違ってきます。とは言え、内科的な処置で薬を使うとなると、一番気になるのは副作用の症状です。特に、脱毛に関する症状は一番気にしてしまうでしょう。そこで、出来るだけ副作用が少ない治療方法を模索しましょう。

副作用が少ない治療では、免疫細胞を利用した治療方法が存在します。治療開始前に、免疫細胞を採取して弱った免疫力を強めてから体に戻す療法です。従来の薬治療と異なり、副作用のリスクがありません。他の人が持っている細胞を埋め込むわけでもないので、拒絶反応を引き起こす心配もありません。比較的安全に症状を軽減して完治できる画期的な方法と言えるでしょう。人によっては、内科での薬物治療と平行して免疫療法を利用する人もいます。そのような治療を望むなら、事前に内科医師などに相談してから決めましょう。あと、免疫療法を行なっている病院の所在も医師から紹介してもらったり調べてみたりしましょう。