ステージ4から探す癌診療拠点病院や医療機関

先生

がんの中でも一番の死亡率

笑顔

日本人死因として一位のがんの中でも、気管支や肺がんの死亡率は最多です。肺がんの原因とされるのは、主に喫煙や受動喫煙によるリスク上昇が影響しています。喫煙はがんの引き金になることが多く、大きな関係がなさそうな胃がんでも25%が喫煙によるリスク上昇が影響しているという統計が出ています。気管支や肺がんについては実に65%もの割合が喫煙による影響とされています。がん予防、症状悪化を避けるためには、喫煙週間を見直しが重要です。排ガスや喫煙など肺や気管支へのダメージを受ける環境にある場合は、その環境から距離を置くことが重要です。肺がんの症状としては呼吸困難や血痰、胸の痛み等が挙げられます。風邪やタバコなどの影響と考え、放置してしまう人も多くいる症状のため、発見時にはかなり病状が進んでいるケースもあります。がんの予防や、完治には、定期的な検診や人間ドックなどを受けることが重要です。肺がんは症状が出にくいこともあり、病期のステージが最終段階に到達する場合もあります。転移が発生しやすいため、手術が難しい段階になると、抗がん剤などでの治療を行なうことになります。副作用も強いため、可能であれば、転移する前に処置をすることが重要なのです。調子が悪いと感じた時はすぐに病院へ相談してみましょう。がんについては、連携拠点の病院や、専門のがんセンターもあるので、治療方法やセカンドオピニオンの相談も行なうことができます。